(2)おうちでの英語学習方法~子供編~

前回の続きです。

2センテンスを作る練習で自宅でできること。

単語だけでは発話文をつくることはできません。

暗記だけでなく、耳、口をつくらなければいけません。

そのことでおうちでできることは、

 

・初心者でいえば、短い1センテンスをコツコツおうちでお母さんと一緒に練習する。

どんなものでもいいんです。親御さんのしってるセンテンスで。

I can–.でもI like–.でもDo you–.でもIt’s a-でもなんでもいいんです。

1センテンスずつ。次の日復習して新しいセンテンス。

絶対忘れるので復習は何度も。

 

・英語が読めるなら、英文を、意味を理解しながら音読。

1センテンスずつ理解しながら、小声でもいいので英語のリズムをとりながら音読しましょう。

どんな英文でもいいと思います。英検の長文でも、単語本の例文でも、なんでも良いですが、

声にだしてると英語のリズム、センテンスが頭に入りますよ。

本物の英語を読んでくれる音声がついているものが理想ですね!

暗唱できるくらい聞ければなお良しですが。

ここで注意したいのが、

必ず、必ず、必ず!!!!1センテンスずつ聞いて、読んでください。

通販の某○○ーングのように、数分あるような長い英文を最初から最後まで何度もきくのではなく、

1センテンスずつ練習してくださいねー!!

 

ほかには、日ごろのネイティブの先生としてるレッスンを振り返りながら、

先生の物まねをし、先生だったらこうやって読むだろうなって思い出しながら、

読んでみましょう笑

 

 

・洋楽を大活用

1大好きな歌をまず耳だけで覚えて歌えるようにします。意味は考えなくていいです。何度も何度も毎日聞いてください。複数の曲を毎日聞くのも良いでしょう。

耳だけで意味も分からず聞いて歌えることがポイントです。

それだけで英語のリズムを得ることができます。

 

2大体歌えるようになったら歌詞を確認。歌詞を見ながら歌えるようにします。

 

3絶対全部覚えれていないので、その都度歌詞を確認。

4意味がわからない部分がでてきたら調べる。

もっと?ハテナ?な感じになれば和訳を確認(便利なこの時代。ネットで大体有名なソングの和訳がのっています。)

5上級者になってきたら、いろんなひとの和訳を確認し、自分の訳と照らしあわせて楽しむ。

 

そんなこんなしているうちに、

語彙も増え、歌のおかげで英語のリズムが自然に身についています。

 

 

 

お家でできること、

たくさんありますね!!

 

次回は、3耳を鍛える為に自宅でできる事 を書いてみようかなと思います。

尼崎大庄教室にカマキリ

(虫は苦手だけど画像だと笑)可愛い! カマキリ〜! 数年前にもガレージにカマキリが。 まさか同じ子では、、 ないよねっ笑   子供達はキャーキャー! キャーキャーて、、、 カマキリって英語でなんて言うの? 先生 […]

詳細を見る